« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月21日 (金)

実地検査

有毒ガス検知システムの実地検査をしてきました。
場所をお借りしたのは、クアハウス碁点。
今や食事がおいしくて、居心地がよくて、安い、と人気の温泉施設です。

さてこのような宿泊施設で、もし痛ましい事故が発生してしまったら。。
それこそ事故被害と風評被害とが重なって、その選ばれた宿泊施設は、壊滅状態になるのではないでしょうか。
このような現代の不穏な危険を回避するシステム、有毒ガス検知避難誘導システムをまもなく完成いたします!
Dscf1139

2010年5月17日 (月)

今月のマネジ

今月のマネジでは、通常通り4月の達成度と5月の見込みを確認しました。

今月の社長指示は次のとおり。

同じやり方でやれば同じだけ時間がかかります。
工夫をしてスピードアップを図るように。
社員全員が営業です。
自分たちの会社は自分たちが守るという気概を持って取り組むこと。

2010年5月13日 (木)

当たり前グランプリ2010

当たり前グランプリ2010にエントリーしました。

エントリー内容「当社は、お客様を「さん」付けするのが当たり前」

こんなこともできていない会社なのかと思われてしまいそうですが、そういうわけではないのです。
「当たり前」という原点と当社の社是である「まごころ」とを追求し過ぎた結果、このような表現になってしまったのです。

この活動を通して、

社員一人ひとりが、お客様に、製品を通して、まごころを込めて接することができるようになるために、1年間取り組んでいきたいと思っております。

*-------------------------------------------*

この取り組みについてQ&Aにしてみました。

Q. 当たり前グランプリって何?
A. 黒沼共同会計事務所さんが主催する大会です。自らやる!と宣言したことをどんだけ掘り下げ継続してやり遂げられるかの大会です。

Q. なぜ「当たり前」なの?
A. 会社の底力をつける方法として、「誰でも出来る当たり前のことを、誰も真似できないほど徹底的に掘り下げて、思考し且つ追及・実行すること」と上甲晃先生に教えられ、卯野さんと押野さんが賛同したからです。

Q. ところで黒沼さんって誰?何?
A. うちの会社がお願いしている会計事務所さんです。志の高い会計事務所さんです。はい。

Q. 上甲晃先生ってどなた?
A. 松下電器産業で、松下政経塾の塾頭を務められていた方です。

Q. なぜ「さん付け」に取り組むの?
A. お客様に対してまごころを込めて接することができるようになるための一環として、さん付けを徹底することを思いつきました。お客様への礼儀、敬意、感謝を持つことで、日々の仕事への姿勢も変わっていき、品質が良くなり、お客様からさらに信用を得られることにつながるからです。  

Q. 具体的にどんなことをするの?
A. 毎月どのような取り組みをするのか随時お知らせします。
 「さん付け」を掘り下げ、お客様が気持ちよく思ってくださる接し方が無意識にできるようになるための活動をしていきたいと思っています。

最近の写真

  • Soramame_2
  • Soramame
  • P1050942
  • P1050940