« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月26日 (水)

本日の社内

P1070692_3












P1070695_2













大きな盤が並んでます。

下水道が流れるためには、下への傾斜が必要。
うまいこと傾斜にならない場合は、このポンプ盤で水を汲み上げ、勾配のあるところまで流れを繋ぎます。


______________________________________________________________________________________________


社長からブログの資料に、ともらったのですが・・・
「サブプライム危機はどのように世界に拡大したのか」
という週刊誌の3枚に渡るレポート。

これをブログネタに・・・

100年に一度といわれている世界同時不況の中に、私も一、市場の人として存在しているので、日本の田舎町の庶民の実感くらいは言えるかなと・・・

消費者としての私は、メディアが不況、不況と煽るせいか、購買意欲が低下しているのは確か。次に欲しい贅沢品の電化製品は少し我慢しよう、なんて。
これが私一人でなく、日本人のかなりの割合でこういう心理だとやはり物の売れ行きは鈍くなるのでしょう。
お金を使おうぜ、っていう雰囲気がない気がしません?


投資家でもないので、
少し前のニュースを見ていたときはアメリカ経済の影響が、実感できるほど自分に及ぶとは想像していませんでした。
日本経済の飽和状態はもう久しいこと、日本製品の市場は世界なのだと今更ながら痛感しています。
牛肉、オレンジ、外資の金融商品・・・入ってくるものは実感があるんですが、輸出は貿易黒字の数字くらいの実感の無さ、なので。


 

ただ、今までの不振ぶりとは違う気がします。何かの産業が成長し、成熟し、頭打ち、さらに変化・発展し、成長、というような循環の各段階で感じる足踏み感覚と違った、全体的に頭打ち、というか、意識も保守的というか。一産業の頭打ちや一部の国の不況でないってことなのでしょう、アメリカが絡むと。

つづく。

 

2008年11月19日 (水)

検査での部品破壊を防ぐ優れもの

大切な機器をお守りします。

制御盤の通電検査で、万が一、電源部の配線ミスがあった場合には、過電流で機器が破壊されてしまいます。
これを防ぐための小型装置がこれです。

高速過電流遮断器 はやまHayama






















お気軽にお問い合わせください。y-kyodo4@ic-net.or.jp

2008年11月18日 (火)

不適合原因

本日は、不良が少ない会社を視察ということでお客様が来社して下さいました。ありがたい限りです。

さて、今月のマネジでは不良について、真の発生原因を突き止め、その原因を取り除く予防処置を実施するよう指示が出ました。
改善で効率アップと同様、無駄な手間を無くし付加価値を上げるためです。

予防処置につなげるため、まずは、検査で発見される不適合だけでなく、各工程でのチェックや製作中、目に付いた不良内容をできる限り洗い出すことにしました。
只今情報収集期間です。対象期間の記録が集まったら分析し、手順に帰るような処置ができればと思っています。

ん?今、思ったんですが、不良内容から原因を突き止め、処置をする。
これは普通なんですが、冒頭のように、ありがたいことに不良が少ない会社との評価も確かにあります。ということは、逆に言うと、その物件は、なぜ不良が出ていないのでしょう?
担当者の顔と検査フロアが浮かびます…
不良が出ない原因(不良が出ない条件?環境?4M?)を探ってみるのもいいかもしれません。
こちら側のアプローチで予防処置ネタを見つけてみようかしら。

2008年11月14日 (金)

朝礼当番

当社では朝礼は朝礼当番によって司会進行され、さらに朝礼当番は数分、なんらかの話をしなければならない。
私は、慣らされはしましたが、やはり順番が近づくと憂鬱のタネとなります。

今年から総務部門長が朝礼の小話を記録するようになりました。で、このネタの傾向が気になり、調べてみたんです。今月のヤマガタ共同便りはこのネタ。「朝礼ネタ分析」
11










ヤマガタ共同だより
発行目的
ご家族とのコミュニケーションのきっかけ→家族円満→ストレス軽減→労災撲滅


2008年11月10日 (月)

予防処置

当社ではISOでいう予防処置と改善活動を同じ位置付けにしました。

以前は不適合からしか展開できずに、年に1件ほどでしたが、改善提案の中から予防処置として該当するものを選ぶことによって、様々な予防処置が実施されるようになりました。

事務局としても、新たな手順を作るのではなく、実施していることを手順にするわけなので、簡単です。

予防処置としての線引きがまだ曖昧なのが課題ですが、本日表彰の改良賞の情報源は見事でした。

情報源・・・お客様のところに行った際に聞いた他社のクレーム。

処置内容・・・治具を製作し対応

常々改善ネタが苦しいと言っていた担当なので、お客様との会話からピーンと結びついたに違いありません。

これぞ予防処置。
起こりえる不適合の発生を見事防止できました。

081110




外の木々は真っ赤です。

最近の写真

  • Soramame_2
  • Soramame
  • P1050942
  • P1050940