« 壊れにくい導通ブザー | メイン | 日本新聞博物館 »

2009年7月13日 (月)

通電検査で機器を壊したことはありませんか?

直流専用高速遮断器 はやま
Photo_4

高速過電流遮断器 はやま とは、当社で実際に検査で使用していた検査治具を製品化したものです。
 制御盤は最終的に動作確認のために、通電検査を実施します。制御盤の中には、高価な計装機器やシーケンサユニットなどが多く取り付けられ、これらの機器類の多くは、制御盤内の直流電源ユニットから電源をもらっています。この構造上、万が一、配線の誤りがあると、過電流によって、これらの機器を破壊してしまうことになります。 
 そこで、この「はやま」を電源ユニットに接続すると、高速で過電流を検出し、電源を遮断します。高速で過電流を遮断しますので、高価な機器類の損傷を回避できます。
制御盤の通電検査での保険として是非お使いください。

製品概要

○小型、軽量、ポケットサイズ

重さわずか90g(本体)を実現し、胸ポケットに収まる外形になっています。

○電流設定範囲 

設定できる電流の範囲を 0.1A~2.5Aと広範囲に設定しました。

○接続によるダメージがありません

内部抵抗が0.1オームと低いので接続損失を気にせず使用できます。

○検出後、高速(3/10000秒)で遮断します

動作中に過電流を検出すると、3/10000秒と高速で遮断し、取り付けられた機器類への負担を軽くします。

○使用電圧最大50V

使用できる電圧範囲をDC5V~50Vと広範囲に設定

○電池の連続使用時間が約100時間

単4アルカリ乾電池 2本 使用の場合

○突入電流対策

RUNスイッチを押すと、不感タイマー(0.06秒)が作動し、突入電流の感知をやり過ごします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.ic-blog.jp/t/trackback/324006/20565417

通電検査で機器を壊したことはありませんか?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • P1060308
  • P1060306
  • P1060282
  • P1060063
  • P1060062
  • Soramame_2
  • Soramame